家電配送 業者

家電配送は引越し一括見積りで安くできる!

家電配送一括見積もり

 

家電を配送したい場合は、特に重いものになると一人では運べませんし、なかなか手ごわいですよね。しかし、そんなに配送にお金をかけたくないですし、なんとか激安でできないものか?と誰しも思うはずです。そんなときは引越しの一括見積りを利用することで解決できます。

 

もちろん見積もりは無料でネットからできますし、高いと思ったら使わなかったら済むだけの話です。まずは料金の相場を知るといった軽い気持ちでいいので一括見積りをしてみることをおすすめします。もちろん、家電1つでも対応してもらえるので安心してください。

引越しにかかる初期費用はどのくらい?

家電配送初期費用

 

季節の変わり目や節目節目に引越しをする人はたくさんいるでしょう。新しい環境に慣れることはもちろん大変ですが、引越しをすることも時間と手間がかかる大変な作業になります。いざ引越しをするとなると一番気になるのは初期費用です。ある程度の資金がないと引越しをすることはできません。荷物の量や運ぶ距離などで費用は変わってきますので、複数の引越し専門会社から見積もりを取るとよりわかりやすいでしょう。

 

引越しにかかる初期費用の相場は、平均で50万円ぐらいです。敷金と礼金、仲介手数料と日割りの家賃に前払いの家賃、鍵の交換や保険料、管理費などがかかってきます。もし自動車を持っている場合には、駐車場代もかかってきますのでさらにかさんでくることになります。平均50万円というお値段は業者に依頼した場合の相場の費用です。新生活はいろいろとお金がかかりますので、できるだけ費用は抑えたいと思うものでしょう。

 

自分で引越しをすると3分の1から多ければ2分の1ほど抑えることができます。もちろん作業は時間と労力がかかって大変ですが、できるだけ安くして新生活に使う費用に回すことができるので一石二鳥です。上手く計画を立てて効率よく作業を済ませたいものです。

自分での引越しと業者での引越し

家電配送引越し

 

引越しといえば真っ先に業者への依頼を想定する人が多いかもしれませんが、もし荷物がそこまで多くなければ自分で作業した方が安く済ませられる可能性があります。業者の場合で最もシンプルなのは大抵独身パックで、最低限の荷物だけを運んでくれます。場合によってはプロに依頼するほどでもないこともあるので、レンタカーを利用するなどで運んでしまった方が安いです。

 

ただ自分での作業で安く済ませられるのは、あくまでも何のトラブルもない場合です。割れものなどが運搬途中に壊れてしまったら、買い直し分でコストがかかってしまいます。さらに自分での運搬は養生が十分ではない上に、スムーズには進まない場合が多いです。そうすると建物にぶつけて傷を付けるリスクが高くなり、補償分を上乗せしなければならないかもしれません。

 

なのでもし大型家具や家電がひとつでもあれば、業者に依頼した方が不要なコストの削減に繋がります。しっかりとした養生と熟練の運搬技術によって安全に運ばれるからです。また自分で大きなものを運ぶとなると、運搬する車には大型を選択しなければならず、長距離移動の場合で高速を使用すれば利用料が高くなります。それらの点を把握した上で、まずは見積もりを作成してもらい、最終的にどちらが安く済ませられるかを選択しましょう。

引越し業者が紛失した場合、弁償してもらえるか

家電配送業者

 

新居への引越しを終え、荷物を片付けていたら紛失トラブルにあったことはありませんか。大手で名の知られている会社や小さなところでも荷物の紛失は起こり得ることです。このような場合、紛失した引越し荷物は業者から弁償してもらうことは出来るのでしょうか。答えは「運送業者貨物賠償責任保険」に加入していれば、補償範囲内の荷物は弁償してもらえます。この保険は、紛失したすべての引越し荷物を保証しているわけではありません。

 

代表例として、宝石や貴金属、現金、美術、骨とう品などが挙げられます。現金などは自分で管理してくださいと業者が言うのはこのためです。引越し段ボールの中に入れてしまえば分からない、と安易に考えてしまうのはやめましょう。また、この保険に加入している引越し業者だからと安心するのも危険と言えます。自動車保険と同じように、保険を利用すると翌年の保険料が上がってしまうことから荷物紛失の非を認めようとしない業者もいるようです。

 

荷物の紛失に気付いた場合、少しでも早く連絡を取った方がいいです。また引越し業者を選ぶときに、価格やサービス内容だけではなく、このような紛失トラブルの対応に対する口コミをチェックするといいでしょう。

大手の引越し業者と地元の引越し業者

家電配送業者大手

 

引越しが決まると自分と家族だけで行う場合もありますが、一般的には業者に依頼して荷物の移動を行ってもらうことになります。この場合に考えなければいけないのは業者選びであり、そのサービス内容や費用などに違いが存在しているので、自分に適したところを探すことが重要になってきます。

 

引越し業者にも大手と地元だけで業務を行っているところがあり、どちらを選ぶべきか考えるでしょう。大手であれば全国的に名前が知られているので信頼性と安心感があり、何かあった場合の補償もしっかりしています。しかし大手なので業務内容に細かな変更点を設けることが難しく、多くの場合でマニュアルには無いことは行わなくなっています。地元だけの場合ではある程度の融通を持ってくれるケースもありますが、他に仕事を抱えている時には希望日時に引越しが行なえなかったり、人員不足で荷物運びを手伝ったりしなければいけないこともあるでしょう。

 

安全に荷物を移送するというのは会社の規模に関係なく行ってもらえますが、大手は人員と保有している車両が多く、地元の業者では保有車両と人員が限られているということを考えなければいけません。どちらを選んでもデメリットとメリットが存在しているので、総合的に判断して最適な業者を選ぶようにしてください。

便利屋さんを活用しての引越し

家電配送業者活用

 

引越しの際、必ずやるべき作業となるのが荷物の運搬です。新しい家に荷物を運搬する作業は必ず行うことになるので、できるだけ量を減らせるように荷造りをする時は仕分けをしっかりと行うことが大切です。荷物の運搬作業で人手が必要な時は専門の業者に依頼をする方法だけではなく、便利屋さんを利用して引越しをする方法も視野に入れて検討しましょう。便利屋さんは多種多様な依頼を引き受けていて、その1つに引越しが含まれています。専門の業者ではないものの、荷物の運搬作業を任せることができるので、依頼先の候補に入れるべきです。

 

たとえば、専門業者は予約が一杯だったり、希望日で受付してもらえなかったりといった場合、便利屋さんに依頼をすれば引き受けてもらえる可能性があります。ただ、料金については依頼する便利屋さんによって異なるので、少しでも安い金額で済ませたい場合は比較に力を入れましょう。すると、徐々に相場の料金が見えてきますし、安い料金で引き受けてくれる便利屋さんを見つけることができます。

 

また、荷物の運搬はもちろん、掃除や片付け、家電や家具の設置など、色々な作業で便利屋さんを利用することによって、作業の負担を抑えられます。